2018/07/07 08:00

「ピース・ニッポン」中野裕之監督、名所の“空白”は「1時間に6秒ある」

中野裕之監督
中野裕之監督

 [映画.com ニュース] 約8年間にわたり全国47都道府県・200カ所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」の試写会が7月6日、東京・ニッショーホールで行われ、メガホンをとった中野裕之監督が上映後のトークショーに出席した。

 小泉今日子&東出昌大がナビゲーターが務めた本作は、数年間に1度しか出合えない風景をカメラに収め、神道と仏教が混交する精神・自然観にフォーカスする「日本の精神」、豊かな気候風土が変化を生み出す「日本の四季」、そして奇跡の絶景を紡いでいく「一期一会の旅」という約111分間の3部構成。企画の始まりは、2010年の「3Dブーム」。「当時は“日本を3Dで撮りたい”という思いだけで撮影を進めていました。そして翌年、東日本大震災でショックを受けたと同時に『自分には何ができるか』と考えました。そこで生きている限り、映像、写真、音声で日本を記録していこうと決意したんです」と明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >