2018/07/07 15:35

池松壮亮&満島真之介“人毛を食べるシーン”が最大の苦労「屈辱でした」

同志たちが撮影秘話を吐露
同志たちが撮影秘話を吐露

 [映画.com ニュース] 恋する女性の“好きな人”に10年間もなりきった男たちを描く異色の恋愛映画「君が君で君だ」が7月7日、全国11館で公開初日を迎え、主演の池松壮亮をはじめ共演のキム・コッピ、満島真之介、メガホンをとった松居大悟監督が東京・新宿バルト9での舞台挨拶に出席した。

 「私たちのハァハァ」「アズミ・ハルコは行方不明」などで知られる松居監督のオリジナル作品。伝説の歌手・尾崎豊になり切る男を演じた池松は「(映画製作には)いろんな人たちが関わっているので、特別な気持ちです」と公開の喜びを語り、ハリウッド俳優ブラッド・ピットになり切る男に扮した満島も「初めてに近い感覚で、同じ世代の人と映画をつくっていた。すごく映画に希望を感じたんです。こんなにも叫んで歌って笑って、泣いて怒って。あのときのすべてを出せた。監督やスタッフさんに感謝です」としみじみ明かしていた。

 さらに池松は、撮影中に最も苦労したシーンを告白。「(ヒロイン役)コッピさんの髪の毛を食べるというシーンが後半にあるんです。コッピさんは2週間をともにして、同志のような、共犯者のような大切な存在。劇中では僕の愛する人という設定なので、コッピさん自身の髪の毛なら食べていいと思っていました。そうして現場に行ったら、(別に用意された)全然知らない人の人毛を食べさせられた。しかも夏の暑い、古いアパートの床に髪の毛が落ちて、それを2時間くらい、スタッフのおじさんたちがペタペタ踏むんですよ。それを拾って食べるという。足の裏の臭いがするんです……。屈辱でしたね」と苦笑交じりに振り返り、「『帰ってやろうか』と思ったけど、現場で抗議してもあれですし、僕は真面目な俳優ですから拾って食べたんです。一生懸命食べていたら、助監督に『もうおかわり、ありませんから』と言われた。すごく食べたい人みたいに見られて、屈辱でした」と話すと、場内を笑いが包み込んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >