2018/07/09 05:00

ドラマ「銀魂2」正式タイトル決定! “マダオ”役はアニメ版声優・立木文彦に

爆笑必至のエピソード3編をドラマ化! (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送
爆笑必至のエピソード3編をドラマ化! (C)空知英秋/集英社 (C)2018 映画「銀魂2」製作委員会 (C)2018 エイベックス通信放送

 [映画.com ニュース] 小栗旬主演、福田雄一監督・脚本で空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂2 掟は破るためにこそある」のドラマ版のタイトルが、「銀魂2 世にも奇妙な銀魂ちゃん」に決定。あわせて、原作でも屈指の人気を誇る“マダオ”こと長谷川泰三を、アニメ版で同役に息吹を注いでいる声優・立木文彦が演じることがわかった。

 小栗&菅田将暉&橋本環奈らの共演で実写化し、宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時(小栗)をはじめ新八(菅田)、神楽(橋本)らが騒動を繰り広げる様子をコミカルに描いた映画「銀魂」。続編「「銀魂2 掟は破るためにこそある」は、原作の「真選組動乱篇」と「将軍接待篇」を融合し、万事屋のバイト生活や真選組の内紛を映し出す。

 第1作公開時、原作ファンが「泣ける」と評価するエピソード「ミツバ篇」をdTVでドラマ化。今回は“ギャグ一辺倒”のエピソードを映像化することになった。“眠れないループ”に陥った神楽が、銀時らを巻き込んで眠る方法を模索する「眠れないアル篇」、全面禁煙となった世界で、真選組の副長・土方十四郎(柳楽優弥)が喫煙場所を求めて宇宙を冒険する「土方禁煙篇」、銀時と土方が大嫌いな歯医者で地獄のような体験をする「幾つになっても歯医者は嫌篇」の全3話で構成され、警察組織の頂点に君臨する松平片栗虎(堤真一)が全編にわたって重要なポジションで登場する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >