2018/07/10 12:30

アヌシー受賞仏アニメ「手をなくした少女」監督 「この世界の片隅に」「かぐや姫の物語」との共通点を語る

セバスチャン・ローデンバック監督(右)と片渕須直監督
セバスチャン・ローデンバック監督(右)と片渕須直監督

 [映画.com ニュース]2016年のアヌシー国際アニメ映画祭で審査員賞と最優秀フランス作品賞をダブル受賞した「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」の先行上映会が7月9日、東京・ユーロスペースであり、セバスチャン・ローデンバック監督と「この世界の片隅に」の片渕須直監督が対談した。

 19世紀初頭に書かれたグリム童話に初版から収録されている民話「手なしむすめ」を長編アニメーション映画化。新鋭ローデンバック監督が、ひとりですべての作画を担い、「クリプトキノグラフィー」と呼ぶ独特の映像表現手法でアニメ化した。

 ローデンバック監督は、「この世界の片隅に」と本作の共通点を「物語も時代も違いますが、共に主人公が少女で、彼女たちが社会的な抑圧で、行きたいと思っていた場所ではないところに行くことになる物語」「主人公の少女がどちらも、手をなくしてしまうという共通点がありますが、それ以上に、アニメーションという表現方法をフルに使って人間という営みを深く描いています」と分析し、「デッサンも演出も非常に繊細。本当の意味での映画に立ち会っているという感動があった」と感想を語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >