2018/07/10 15:55

福士誠治、“舌好調”の柳沢慎吾に「人の記事をとらないで!」

抜群のチームワーク
抜群のチームワーク

 [映画.com ニュース] BSジャパンの「連続ドラマJ」枠で放送される「極道めし」の会見が7月10日、東京・六本木一丁目のテレビ東京本社で行われ、主演の福士誠治、共演の今野浩喜、徳井優、柳沢慎吾、小沢仁志が出席した。

 原作は、5月に死去した土山しげる氏(協力・大西祥平)が、「漫画アクション」(双葉社刊)で2006~12年に連載した同名漫画で、11年には前田哲監督のメガホンで映画化している。舞台は、ある刑務所の雑居房・204号室。元サラリーマン・小津(今野)、窃盗常習犯・八戸(徳井)、詐欺師・坂井(柳沢)、暴力団組員・荒木(小沢)、新たにやってきた銃刀法違反の男・原一平(福士)が、看守に気づかれないように、おかずを賭けた“飯語りバトル”を繰り広げる。

 笑いの絶えない現場で撮影は進行しているようで「チームワークは常々感じている」と福士が語ったが、今野は「自分は逆にチームワークを感じないですけどね…各々が好きなことやっている感じ」と対照的な意見。すると小沢は「フォローし合う関係性だね。メジャーリーグのオールスターのような感じだよ。練習しないけど、本番で連携プレイができる」と説明し、柳沢に「ほら、サイレン、鳴らないと」と前振りする。甲子園のサイレンのモノマネに大笑いする徳井の姿から、和気あいあいとした撮影の光景が浮き彫りになっていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >