2018/07/12 17:00

「グッバイ・ゴダール!」ステイシー・マーティン、「ただの妻では収まらないところが好き」

アンヌ・ビアゼムスキーを演じたステイシー・マーティン
アンヌ・ビアゼムスキーを演じたステイシー・マーティン

 [映画.com ニュース]ジャン=リュック・ゴダールの2番目の妻アンヌ・ビアゼムスキーの自伝的小説を「アーティスト」のミシェル・アザナビシウスが映画化した「グッバイ・ゴダール!」が7月14日公開する。ラース・フォン・トリアーの「ニンフォマニアック」の大胆な演技で注目され、今作でアンヌを演じるステイシー・マーティンが来日し、作品を語った。

 ルイ・ガレルが演じる、当時37歳の天才監督ジャン=リュック・ゴダールと、パリの大学で哲学を学ぶ19歳のアンヌが恋に落ち、アンヌは「中国女」の主演を務めることに。ふたりは結婚し、次第に革命に傾倒していくゴダールとともに時代を駆け抜けたアンヌの知られざる日々をコミカルなタッチで描く。

--実在の人物である、アンヌをどのような女性として捉えたのでしょうか。演じる上での外見と内面をアプローチを教えてください。

 「女優としての彼女は知っていましたが、物書きとしての顔は知らず、脚本とともに著書を読み始めました。私は、当時のアンヌが、自分自身が誰であるかを探し、今の彼女になる直前の姿がこの映画で捉えられていると考えました。だから、ある種の若々しさというものを保つことが重要だったし、自分なりにそれを見つけていかなければいけないなと思ったのです。彼女は好奇心でいっぱいだし、つらい思い出もポジティブな形で書いている、そういう資質を保ちたいと思いました。彼女はゴダールが一緒にいて正しい相手なのか、問い続けているところがあって、究極的にそうではないと判断する。それは、彼女が自分という人物に成長するからです。ただのゴダールの妻では収まらない、そういうところが好きです」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >