2018/07/14 11:00

新3部作における「ジュラシック・ワールド 炎の王国」の位置付けは?製作総指揮が“その意味”を明かす

前作に続いて、次作「ジュラシック・ワールド3(原題)」の監督にも決定 (C)Universal Pictures
前作に続いて、次作「ジュラシック・ワールド3(原題)」の監督にも決定 (C)Universal Pictures

 [映画.com ニュース] 「ジュラシック・パーク」の公開から25周年を迎えた「ジュラシック」シリーズ最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」で、製作総指揮と共同脚本を手掛けたコリン・トレボロウが来日し、映画.comのインタビュー取材に応じた。

 全世界興収約16億7100万ドルという大ヒットを記録した前作から、3年ぶりの続編。“ジュラシック・パーク”が崩壊したイスラ・ヌブラル島が火山噴火の危機に見舞われ、遺伝子工学でよみがえった恐竜を救おうとするオーウェン(クリス・プラット)、クレア(ブライス・ダラス・ハワード)らの奮闘がスリルとスペクタクルたっぷりに描かれる。

 「前作では、まさに1日の経過を追うような、朝から始まり夜中までの出来事が描かれる内容になっていたと思うけど、今作は何日かの間の出来事で、さらにオープニングではいわゆる『ジュラシック・パーク』っぽい3年前のシーンもある。というのも、今作はこれまでのシリーズ作と比較しても、新境地に向かっていく物語だから、みんなが慣れ親しんだ『ジュラシック・パーク』の世界観を見せて、はい、見たよね? じゃあ次の境地に進むよ、という演出を冒頭に加えたかったんだ。そこから色々な出来事が起きて、最終的にはまた夜にすべてが混乱に陥って、何が起こるか分からない事態となり……一周回ったという感じだね」と、トレボロウは「新3部作」の第2部に当たる今作の位置付け、意味合いを解説する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >