2018/07/14 14:10

知英、動物園勤務に興味津々 稲葉友は両親の影響で「先生になりたかった」

役者になっていなかったら!?
役者になっていなかったら!?

 [映画.com ニュース] 知英の主演作「私の人生なのに」が7月14日、全国22館で封切られ、知英をはじめ、共演の稲葉友、落合モトキ、メガホンをとった原桂之介監督が、東京・新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶に出席した。

 東きゆう(著)、清智英(原案)の同名小説を映画化。新体操選手としてオリンピック出場を期待されていたものの、不治の病で半身不随となり競技人生を絶たれた主人公の金城瑞穂(知英)が、音楽という新しい夢に出合い、幼なじみの柏原淳之介(稲葉)らとともに再び前に向かって歩み始める姿を描いた。

 稲葉は知英との共演について「終始役柄に近い温度感、空気感で現場にいることができたので『知英、すげえな』と思っていました」と胸中を吐露。「現場を明るくしてくれるし、大変なシーンもいっぱいあるのに、そういう顔を一切しない。ある意味頼りっきりでした」と続けると、落合は「日本語が上手ですげえなと。さっき裏でメイクさんに『ちょっとアホ毛が気になる』と言っていましたよ(笑)」とボキャブラリーの豊富さに舌を巻いていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >