2018/07/14 18:15

「ピース・ニッポン」中野裕之監督、“日本保存”プロジェクトへの協力をアピール

中野裕之監督と渡辺祐氏
中野裕之監督と渡辺祐氏

 [映画.com ニュース] 約8年間にわたり全国47都道府県・200カ所以上で撮影された映像を厳選し、4K解像度で映画化した「ピース・ニッポン」が7月14日、全国26館で封切られ、メガホンをとった中野裕之監督、30年来の親交があるラジオパーソナリティ・渡辺祐氏が、東京・新宿バルト9で行われた舞台挨拶に立った。

 映画は、数年間に1度しか出合えない風景をカメラに収め、神道と仏教が混交する精神・自然観にフォーカスする「日本の精神」、豊かな気候風土が変化を生み出す「日本の四季」、そして奇跡の絶景を紡いでいく「一期一会の旅」という約111分間の3部構成。小泉今日子&東出昌大がナビゲーターを務めている。

 中野監督は「東日本大震災が発生した当時、自宅で3カ月くらい、自分の身の振り方を考えていたんです」と告白。「『現地に迷惑をかけない』『長いスパンでできること』という前提で“映像で残す”ということはできると思ったんです。言ってしまえば、東日本大震災のボランティアが今でも続いている形です」と本作のバックグラウンドを明かした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >