2018/07/17 00:00

川谷絵音、演技初挑戦! 徳永えり「恋のツキ」で新進気鋭の映画監督役に

ドラマ版オリジナルキャラクターにチャレンジ! (C)新田章/講談社 (C)「恋のツキ」製作委員会
ドラマ版オリジナルキャラクターにチャレンジ! (C)新田章/講談社 (C)「恋のツキ」製作委員会

 [映画.com ニュース] 人気バンド「ゲスの極み乙女。」のメンバーとして知られる川谷絵音が、新田章氏の漫画を連続ドラマ化した「恋のツキ」に出演していることがわかった。演技初挑戦となった川谷は、ドラマ版のオリジナルキャラクターである映画監督・沖原隠光(おきはら・かげみつ)役に扮している。

 徳永えりが連続ドラマ初主演を飾る本作は、テレビ東京とNetflixがタッグを組んだ木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」の第6弾作品。映画館でアルバイトをしている平ワコ(徳永)は、恋人・青井ふうた(渡辺大知)と付き合って4年、同棲を始めて3年目に突入。付き合った当初のトキメキは感じられないが、31歳という年齢を考えると別れるという選択肢は考えられなかった。そんな日々のなか、見た目がタイプで趣味が合いそうな高校生・伊古ユメアキ(神尾楓珠)と知り合ったワコは、欲望に負けて浮気をしてしまう。

 「ゲスの極み乙女。」のほか、「indigo la End」「ジェニーハイ」「ichikoro」と複数のバンドで活動しながら、様々なアーティストへの楽曲提供、プロデュース、執筆活動など、多方面で活躍する川谷。今回演じることになった沖原は、ワコが働いている映画館「イデヲン座」のアルバイト経験があり、20歳での監督デビュー後、数々の映画祭で賞を獲得している人物。新進気鋭の映画監督として世間の注目を集めており、ワコと伊古も大ファンという設定だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >