2018/07/17 16:30

笑ってる場合じゃない!?「スターリンの葬送狂騒曲」監督がインタビューで警告

メガホンをとったアーマンド・イアヌッチ (上)と劇中のワンシーン(下) (C)2017 MITICO - MAIN JOURNEY - GAUMONT - FRANCE 3 CINEMA - AFPI - PANACHE - PRODUCTIONS - LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE - DEATH OF STALIN THE FILM LTD
メガホンをとったアーマンド・イアヌッチ (上)と劇中のワンシーン(下) (C)2017 MITICO - MAIN JOURNEY - GAUMONT - FRANCE 3 CINEMA - AFPI - PANACHE - PRODUCTIONS - LA CIE CINEMATOGRAPHIQUE - DEATH OF STALIN THE FILM LTD

 [映画.com ニュース] ソビエト連邦の最高指導者ヨシフ・スターリンの死を風刺した内容から、ロシア政府に上映禁止の措置を受けたイギリス製作のブラックコメディ「スターリンの葬送狂騒曲」の監督・脚本を手掛けたアーマンド・イアヌッチ監督が、1950年代のソ連をいかに再現したかについて語った。

 「粛清」という恐怖で国を支配していたソ連の絶対的独裁者スターリンが急死した1953年を舞台に、スティーブ・ブシェーミやジェフリー・タンバーら個性派俳優陣が演じるフルシチョフやマレンコフといった側近が、欲に駆られ、権力闘争を繰り広げるさまが描かれる。

 「ロシアですべてを撮影するのは明らかに不可能」というプロデューサーの判断から、イギリスのロンドンで50年代のソ連が再現されることになった本作。イアヌッチ監督は、「私たちはロシアでクレムリンを見て回り、スターリンの銅像やモスクワの公園、巨大な公共の建物を訪ねることで、作品の見た目の感覚をつかんだ。そして、その外観をロンドンで再現した」と明かす。「撮影はほとんどロンドンで行い、屋内シーンもすべてイギリス国内で済ませた。ロンドン市内や近郊で、作品の舞台と本当によく似たロケーションを見つけることができたんだ」と語る光景は、コンサートホールとして使われたショーディッチタウンホールや、クレムリンの場面として使用されたコベントガーデンのフリーメイソンズホールやゴールドスミスホール、ウエストロンドンのハマースミスタウンホールを指している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >