2018/07/17 21:00

瀬々敬久監督の“叫び”に通じる若松孝二監督の“怒鳴り声” 小木戸利光が述懐

「菊とギロチン」の裏話が続出したトークイベント (C)2018「菊とギロチン」合同製作舎
「菊とギロチン」の裏話が続出したトークイベント (C)2018「菊とギロチン」合同製作舎

 [映画.com ニュース] 瀬々敬久監督最新作「菊とギロチン」(公開中)の脚本を原作とした書籍「菊とギロチン やるならいましかねぇ、いつだっていましかねぇ」(タバブックス刊)の発売記念トークイベントが7月15日、東京の下北沢B&Bで行われ、瀬々監督をはじめ、著者の栗原康(政治学者)、俳優の小木戸利光が登壇。客席にいた前原麻希、小水たいがも飛び入り参加し、イベントを盛り上げた。

 瀬々監督が構想30年をかけて完成させた「菊とギロチン」は、女相撲の一座「玉岩興行」とアナキスト・グループ「ギロチン社」の青年たちが性別や年齢を越え、強く結びついていくさまを描き出した。“破壊的創作評伝小説”と称した「菊とギロチン やるならいましかねぇ、いつだっていましかねぇ」を執筆した栗原氏は、「映画って物凄くお金がかかるのにそれを自主でやろう、むちゃくちゃ面白いものをつくろう、商業映画よりさらに面白いものをつくろうっていう心意気にビリビリきてたので、こっちも死ぬ気で挑まないといけないって思いました」と述懐。「本気で支配の感覚を壊す言葉でぶちまけてみたい」という心持ちで練り上げた文章について、「担当編集さんが発禁処分にならないかなと心配するくらいになってしまって(笑)」と発言し、会場を沸かせていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >