2018/07/18 13:00

リュック・ベッソンに新たなセクハラ疑惑 若手女優、スタッフらが証言

告発されたリュック・ベッソン 写真:Backgrid/アフロ
告発されたリュック・ベッソン 写真:Backgrid/アフロ

 [映画.com ニュース]世界的な監督、プロデューサーとして知られるリュック・ベッソンがセクハラ行為で訴えられていることが明らかになり、フランス映画界に動揺が起きている。3人のジャーナリストの調査により、複数の女性たちの証言が集められ、7月9日に3カ国語によるニュースサイトMediapartに公表された。

 事の発端は5月17日に遡る。ベッソンの『ヴァレリアン 千の惑星の救世主』や彼のプロデュース作、『タクシー5(原題)』に出演した女優、サンド・バン・ロイが、パリ市内のホテルでベッソンから性的暴行を受けたとして、翌日に告訴した。ホテルのスイートでベッソンに会った彼女は、背中や左目の周りに痣を負ったという。この時はメディアでのスキャンダルにはならなかったものの、ロイが7月6日、2度目の告訴をしたことをきっかけに、他の女性たちの証言とともに今回の報道に繋がった。

 ロイがベッソンと会合したのは5月が初めてではなく、すでに2016年3月から断続的に会っていたという。調査の証言によれば彼女は、「リュックは決して、役を得るために寝ろとは言いませんでした。でも寝ないと役を失うということを理解させたのです」と語っている。さらにブラックリストに載ったり、編集でカットされるのが怖かったこと、またベッソンの態度もころころ変わるため、2年間引きずったと説明している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >