2018/07/19 11:00

山田裕貴がコミカルな“カンフーダンス”を披露!「あの頃、君を追いかけた」Web限定予告編公開

誰もが共感する「あの頃の思い」をみずみずしさとユーモアたっぷりに描く (C)「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ
誰もが共感する「あの頃の思い」をみずみずしさとユーモアたっぷりに描く (C)「あの頃、君を追いかけた」フィルムパートナーズ

 [映画.com ニュース] 社会現象を巻き起こした2011年の台湾の大ヒット作を、山田裕貴と齋藤飛鳥(乃木坂46)の共演で再映画化した青春ストーリー「あの頃、君を追いかけた」のWeb限定予告編が公開された。74年の全米&全英No.1ヒットソング、カール・ダグラスの「Kung Fu Fighting」(邦題:「吼えろ!ドラゴン」)に乗せて、山田、佐久本宝、中田圭祐、遊佐亮介の4人が披露するコミカルな“カンフーダンス”が印象的なものとなっている。

 台湾の人気作家ギデンズ・コーが自伝的小説を自ら映画化し、大ヒットを記録した「あの頃、君を追いかけた(2011)」の舞台を日本に移して描くラブストーリー。気の置けない仲間たちと気楽な毎日を送る男子高校生・水島浩介(山田)と、浩介の“お目付け役”に任命されてしまった優等生・早瀬真愛(齋藤)の恋模様が描かれる。

 予告編の冒頭、白いタンクトップ姿の浩介がカンフーの構えを取るとゴングが鳴り、赤い照明の下で4人の高校生たちのコミカルなダンスがスタートするが、これは主人公のカンフーシーンが重要なポイントとなっているオリジナル版へのオマージュを感じさせるもの。「全力でバカをやります」と撮影開始時に宣言している、山田の本作への熱い思いも伝わってくる。その後は、旬の若手俳優たちが集結し、オリジナル作品のみずみずしさを受け継ぐ青春のいくつもの場面がつづられ、10年に及ぶ切ない片想いが描かれていくさまが映し出されている。

 「あの頃、君を追いかけた」は、10月5日から全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >