2018/07/19 12:00

阿部サダヲ×吉岡里帆「音量を上げろタコ!」“笑撃”の劇中カット一挙披露

独創的なコメディセンスが光る6枚披露 (C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会
独創的なコメディセンスが光る6枚披露 (C)2018「音量を上げろタコ!」製作委員会

 [映画.com ニュース]阿部サダヲが主演し、吉岡里帆がヒロイン役を務めた三木聡監督作「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」の劇中カットが、このほど一挙に披露された。阿部&吉岡がサイドカー付きバイクに乗って激走するなど、三木監督の独自のコメディセンスが光る6シーンを見ることが出来る。

 「転々」「インスタント沼」など独創的な作風で人気を集める三木監督が、原案&脚本も兼ねたオリジナル作品。4オクターブの音域と、すべての人の心を打つ声量を持つロックスター・シン(阿部)には、その歌声が“声帯ドーピング”によって作られているという秘密があった。長年にわたるドーピングの副作用で喉は限界に近づき、声が出なくなる恐怖に怯えるなか、歌声が小さすぎるストリートミュージシャン・ふうか(吉岡)と運命的な出会いを果たす。しかし、そんなシンの最後の歌声を目的に、謎の組織が動き始めていた。

 劇中カットでは、マネジメントを担当するレコード会社社員・坂口(千葉雄大)が、シンに胸倉を掴まれ恐怖に震える様子も。さらに女医に扮した麻生久美子の眼帯姿や、強面社長を演じた田中哲司の「レッド・ツェッペリンの元マネージャー、ピーター・グラントをイメージした」というハゲ頭などもお披露目されている。

 「音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!」は、ほか小峠英二(バイきんぐ)、片山友希、中村優子、池津祥子、森下能幸、岩松了、ふせえり、松尾スズキらが出演。10月12日から全国で公開される。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >