2018/07/19 16:00

細田守監督が98分で描く4歳児の冒険 「未来のミライ」で挑んだ子どもと動物の表現

 [映画.com ニュース] 細田守監督の最新作「未来のミライ」の主人公は、甘えん坊な4歳の男の子“くんちゃん”。生まれたばかりの妹に両親の愛情を奪われて戸惑う“くんちゃん”は、自分のことを「お兄ちゃん」と呼ぶ、未来からやってきた妹“ミライちゃん”と出会い、家族のルーツにふれる不思議な冒険にでる。1男1女の父である細田監督は、幼い息子の姿を見て4歳児を主人公にした映画を着想、家一軒と庭ひとつを舞台に、自身初となる最少のモチーフに挑むこととなった。子どもの視点から家族の物語を描くことになった経緯や、現在のアニメ界に対して思うことを聞いた。

 多くの家が立ち並ぶ街の、小さな一軒家を舞台にした物語――細田は、これまで以上にミクロな視点から物語を描こうとした。「今回は特に“片隅の話”として始めたいと考えていました。最初にスケールの大きさをアピールすることの多い映画のセオリーからするとチャレンジングだったかもしれません。今回は映画の尺を絶対に100分以内にしたいと思っていて、話のスケールからいってもベストの時間だとのイメージがありました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >