2018/07/20 16:00

インドの労働者を捉えた「人間機械」監督、「映画を通して外の世界を知って欲しい」

ラーフル・ジャイン監督
ラーフル・ジャイン監督

 [映画.com ニュース]山形国際ドキュメンタリー映画祭2017のコンペティション部門上映作品で、インドの出稼ぎ労働者たちが直面する苛烈な現実を長回しの撮影で追ったドキュメンタリー「人間機械」が公開する。インドの北西部グジャラート州にある巨大繊維工場を舞台に、劣悪な環境下で働く労働者たちの姿をカメラが捉え、緻密な画面構成と工場の機械音を捉えた音響設計によって、著しい経済成長を遂げるインドの現実をスクリーンに焼き付けた。今作がデビュー作となった新鋭ラーフル・ジャイン監督が作品を語った。

--インド・ドイツ・フィンランドの3カ国が製作国になっている理由を教えてください。

 「2015年の11月に、自分ひとりで撮った完成途中の作品を、インドのゴアで開かれた「フィルムバザール」に出品しました。そこにいたフィンランド人の審査員が作品を気にいって、プロデューサーになってくれたのです。また、ドイツの共同製作者が、サウンドとカラーリングのポストプロダクションの資金を工面してくれました。それが、インド・ドイツ・フィンランドの3カ国がクレジットされた理由です」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >