2018/07/21 15:45

中尾明慶、オファーが来るのは「弱そうな役」ばかり アウトロー役への憧れも告白

 [映画.com ニュース] CS放送局「時代劇専門チャンネル」の開局20周年を記念した新作時代劇「雨の首ふり坂」の特別上映イベントが7月20日、東京・渋谷のユーロライブで行われ、出演した中尾明慶、演出を手がけた河毛俊作監督が舞台挨拶に出席した。

 時代小説の大家・池波正太郎による戯曲を初映像化し、殺しを請け負い諸国を渡り歩いてきた“アウトロー”たちの姿を描く。老いてなお殺しを稼業とする渡世人・白須賀の源七(中村梅雀)は、若き渡世人・彦太郎(中尾)と出会い、紆余曲折を経て堅気の世界に身を置く。しかし幸福な日常は、長くは続かない。宿敵の竹原親分に依頼を受けた刺客・橋羽の万次郎(三浦貴大)と、かつての兄弟分・藪塚の半蔵(故大杉漣さん)が、源七の命を狙っていた。

 渡世人たちの生き様を活写した河毛監督。「男ってどこかで、アウトローになりたいという夢を持っている」と語ると、中尾も「アウトロー役への憧れはありますね」と同調する。一方で中尾は「でも、実際に(オファーが来るの)は大体、弱そうな役ですね。鉄砲玉とか」と冗談めかして観客を笑わせ、そんな姿に河毛監督は「中尾さんの魅力は『弱さ』。弱さって魅力的。強さのなかにも弱さが見えなければダメだし、その逆もしかり。人間のダメさって愛おしい。作品を見て、愛おしいと思って欲しいんですよ」と称賛していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >