2018/07/22 12:10

【コミコン2018】ハリウッド版「GODZILLA」続編でオリジナルのテーマ曲が復活!

ゴジラだけでなくモスラやラドン、 キングギドラが“共演”
ゴジラだけでなくモスラやラドン、 キングギドラが“共演”

 [映画.com ニュース] 米サンディエゴで開催中の世界最大級のポップカルチャーイベント「コミコン・インターナショナル・サンディエゴ」で、ハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」(14)の続編「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(原題)」のプレゼンテーションが実施され、主演を務めるミリー・ボビー・ブラウンをはじめ、ベラ・ファーミガ、オシェア・ジャクソン・Jr.、トーマス・ミドルディッチらが登壇した。

 日本が世界に誇る怪獣映画「ゴジラ」のハリウッドリメイク第2弾。前作のギャレス・エドワーズ監督に代わりメガホンをとったマイケル・ドハティ監督は、オリジナルのテーマ曲をはじめ、ほかの怪獣たちのテーマ曲をアレンジして使用することを約束。さらに、「ウォーキング・デッド」「10 クローバーフィールド・レーン」の作曲家ベアー・マクレアリーが音楽を手がけることを発表した。

 会場でお披露目された予告編では、ファーミガ演じる科学者が「地球をむしばんでいる人類を滅ぼすために怪獣が出現している」と持論を展開し、荒れ果てた世界が映し出される。その後、背びれを青白く光らせるゴジラをはじめ、製作決定時に発表されていた通り、巨大なモスラやラドン、キングギドラが登場し、地球の存亡をかけた壮絶な戦いが繰り広げられた。また、前作にも出演した渡辺謙の姿も確認できた。ドハティ監督は、「サプライズがいくつかある」と、ほかの怪獣の出現もほのめかした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >