2018/07/22 18:00

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、サンダンス映画祭脚本賞の「ナンシー」が作品賞

「ナンシー」が作品賞!
「ナンシー」が作品賞!

 [映画.com ニュース] 今年15回の節目を迎えた新人監督の登竜門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018」のクロージングセレモニーが7月22日、埼玉・ 川口のSKIPシティ映像ホールで行われた。10本で競われる国際コンペティション最優秀作品賞(賞金100万円)は、米クリスティーナ・チョウ監督による「ナンシー」、4本がエントリーした国内コンペティション最優秀作品賞(同30万円)は、ポン・ジュノ監督や山下敦弘監督作品の助監督を務めた片山慎三監督の初の長編「岬の兄妹」に決まった。

 「ナンシー」は嘘をつくことでしか他人とコミュニケーションできない女性の心理を描く人間ドラマ。ナンシーは30年前に行方不明になった娘を探す夫婦の存在を知り、「自分が娘ではないか」と接触を試みる。チョウ監督はこれが長編デビュー作で、今年のサンダンス映画祭で脚本賞を受賞した。主演のアンドレア・ライズボローは「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(14)などに出演し、「呪怨」(00)のリブート版への主演も決まっている。スティーヴ・ブシェミやジョン・レグイザモら演技派俳優が脇を固めた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >