2018/07/23 07:00

ウズベキスタンってどんな国? 前田敦子主演、黒沢清監督新作「旅のおわり、世界のはじまり」撮影現場レポ

タシケントのバザール
タシケントのバザール

 [映画.com ニュース]女優の前田敦子が、黒沢清監督の「Seventh Code」(2014)以来4年ぶりに映画主演を務め、黒沢監督によるオリジナル脚本で、ウズベキスタンでのオールロケに挑んだ最新作「旅のおわり、世界のはじまり」。映画.comが同国の首都タシケントでの撮影現場に立ち会い、前田と黒沢監督に話を聞いた。

 本作は、日本とウズベキスタンの国交樹立25周年と、第2次大戦後に日本兵捕虜が建設に関わったナボイ劇場が、1947年10月の完成から70周年を迎えたことを記念した両国の共同製作企画。歌手を目指しているが、現在はテレビバラエティ番組のレポーターを務めているヒロインの葉子(前田)の、異国の地での体験と成長を黒沢監督ならではの映像表現で描いた物語だ。

 ウズベキスタンは中央アジアに位置する旧ソ連の共和国で、東京からおよそ6000キロ離れた首都タシケントには、直行便で約9時間で到着する。シルクロードの要所という異国情緒あふれる文化と、旧ソ連時代の建造物が共にあるタシケントの興味深い街並み、日本人が建設に関わったナボイ劇場、世界遺産に登録されている古都サマルカンドなど同国の代表的なスポットのほか、その地に住む人々の息遣いを感じさせる市場や路地でも撮影が行われた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >