2018/07/25 09:00

ジュリアン・ムーア、エイミー・アダムスと共演 ジョー・ライト監督の新作スリラー

ジュリアン・ムーアとエイミー・アダムス Photo by Cindy Ord/Getty Images for Tory Burch、写真:Shutterstock/アフロ
ジュリアン・ムーアとエイミー・アダムス Photo by Cindy Ord/Getty Images for Tory Burch、写真:Shutterstock/アフロ

 [映画.com ニュース] 「ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男」「つぐない」のジョー・ライト監督が、作家A・J・フィンの小説「The Woman in the Window(原題)」を映画化する新作に、ジュリアン・ムーアが出演交渉中と米ハリウッド・レポーターが報じた。本作は、エイミー・アダムスの主演が決定している。

 ニューヨーク・マンハッタンを舞台に、広場恐怖症を抱え、薬をアルコールで流し込みながら引きこもって暮らす児童心理学者のアナ・フォックス(アダムス)が、ある夜、近隣住民の殺人現場を目撃するが警察はアナを信用せず、アナ自身も自分が信じられなくなっていくという心理スリラー。ムーアは、アナの自宅向かいに越してきた少年イーサンの母ジェインを演じるという。

 原作は今年1月に出版され、ニューヨーク・タイムズ紙ベストセラー・ランキングでトップになり、アメリカで100万部を突破したほか、世界38カ国語に翻訳されている。映画はFox 2000が製作。劇作家・脚本家・俳優のトレイシー・レッツ(「ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書」「レディ・バード」)が脚色を手がけ、スコット・ルーディンがプロデュースする。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >