2018/07/25 17:00

「皇帝ペンギン ただいま」が“南極海史上最長・最深”の水中撮影を実現していた!

澄み切った南極の海を泳ぎ回る ペンギンの姿も映し出される (C)BONNE PIOCHE CINEMA - PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : (C) Daisy Gilardini
澄み切った南極の海を泳ぎ回る ペンギンの姿も映し出される (C)BONNE PIOCHE CINEMA - PAPRIKA FILMS - 2016 - Photo : (C) Daisy Gilardini

 [映画.com ニュース] 第78回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞し、全世界で約2500万人が鑑賞した「皇帝ペンギン」の続編「皇帝ペンギン ただいま」が、8月25日に日本公開を迎える。氷点下40度にも達する南極の過酷な環境で暮らす皇帝ペンギンの、まるで人間を思わせるような親子の絆が捉えられているが、史上最長時間・最深記録を達成して水中撮影された南極海の映像にも注目が集まっている。

 本作では、地上の撮影に最新鋭のデジタル4Kカメラとドローンが導入されたほか、2005年の前作ではわずかしか撮影できなかった水中の様子を映像に収めるために、新たに機器を開発。水温マイナス2度、水深100メートルでの、「南極海初」となる人間による連続撮影に挑戦した。結果は見事に成功。南極海史上最長記録となる6時間の水中撮影を実現し、澄み渡る南極海を飛ぶように泳ぎ回って漁をするペンギンの姿のほか、氷の下の海に生息する多彩な生きものの姿を捉えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >