2018/07/26 04:00

アニメ「この世界の片隅に」新規シーン30分追加した長尺版、新タイトルで12月公開

現行版では描かれなかった リンのエピソードが復活 (C)2018こうの史代・双葉社/ 「この世界の片隅に」製作委員会
現行版では描かれなかった リンのエピソードが復活 (C)2018こうの史代・双葉社/ 「この世界の片隅に」製作委員会

 [映画.com ニュース] 片渕須直監督の劇場アニメ「この世界の片隅に」に新規シーンを追加した長尺版が、「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」のタイトルで12月に公開されることが決定した。

 「この世界の片隅に」は、こうの史代氏の同名漫画の映画化で、第2次世界大戦中の広島・呉を舞台に、激化していく世の中で大切なものを失いながらも日々の暮らしを紡いでいく女性すずの姿を丹念に描いた。2016年11月の劇場公開以来、1日も途絶えることなくロングラン上映が続いており、観客動員200万人を突破。日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞、文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞を受賞するなど、高い評価を得ている。

 今回の長尺版では、企画当初に予定していたエピソードを復活させ、さらに新たな場面を加えることで約30分の新規シーンを追加。すずが嫁ぎ先の町で出会う同世代の女性リンとの交流を描く、昭和19年秋と同20年冬から春にかけてのエピソード、妹すみを案じて過ごす20年9月の枕崎台風の場面などが描かれる。この追加により現行版とは主題が一部変わってくることから新たなタイトルがつけられた。スタッフ・キャスト陣は変わらず、コトリンゴによる新曲の制作も予定されている。

 あわせて特報映像とティザービジュアルも披露された。特報には、すずを演じるのんによる、「リンさんをさがして。そう、うちの声が言うのが聞こえた……」との声が、コトリンゴの歌にのせて収められている。

 「この世界の(さらにいくつもの)片隅に」は、12月からテアトル新宿、ユーロスペースほか全国で公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >