2018/07/26 12:00

スカヨハ、批判噴出でトランスジェンダー役から降板

スカーレット・ヨハンソン Photo by Frazer Harrison/ FilmMagic/Getty Images
スカーレット・ヨハンソン Photo by Frazer Harrison/ FilmMagic/Getty Images

 [映画.com ニュース] 新作映画「Rub and Tug(原題)」でトランスジェンダー役に起用されたことで猛反発を招いていた米人気女優スカーレット・ヨハンソンがこのほど、同役からの降板を発表した。米Indiewireなどが報じている。

 「ゴースト・イン・ザ・シェル」に続くルパート・サンダース監督とのタッグで、ヨハンソンが主演を務めるはずだった今作は、1970年代の米ピッツバーグで、マッサージ店を装い売春を斡旋するなどして裏社会を牛耳った実在のトランスジェンダー男性、ダンテ・“テックス”・ジルを描く物語。だが、ヨハンソンのキャスティングが発表されるや否や、ソーシャルメディア上ではトランスジェンダー俳優が起用されなかったことに対して非難の声が殺到。そんななかヨハンソンが、過去にも非トランスジェンダー俳優がトランスジェンダー役を演じて成功を収めている事実に触れ、「私の配役に不満がある人たちは、ジェフリー・タンバー、ジャレッド・レト、フェリシティ・ハフマンの代理人から話を聞くといいわ」とコメントしたことで、さらなる批判を浴びていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >