2018/07/26 12:00

ファン急増中!「ジュラシック・ワールド」最新作“スティギー”登場シーン公開

恐竜スティギモロクは 堅く巨大なドーム型の頭部が特徴的 (C)Universal Pictures (C)Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.
恐竜スティギモロクは 堅く巨大なドーム型の頭部が特徴的 (C)Universal Pictures (C)Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

 [映画.com ニュース] バイオテクノロジーによって現代によみがえった恐竜と人間の攻防を、最先端のVFXで描くスペクタクルシリーズ最新作「ジュラシック・ワールド 炎の王国」(公開中)の本編映像が公開された。

 1993年に公開された「ジュラシック・パーク」から25年、シリーズ第5作目となる今作では、これまでで最多数となる恐竜たちが登場する。このほど公開された本編シーンは、シリーズ初登場の“スティギー”こと堅頭竜・スティギモロクの活躍シーン。特徴的な、堅く巨大なドーム型の頭蓋骨を使って頭突きをしまくる姿がユーモラスで、鑑賞者の間で大きな話題を集めている。

 映像では、檻(おり)に閉じ込められてしまったオーウェン(クリス・プラット)とクレア(ブライス・ダラス・ハワード)が、隣の房にいるスティギーの力を借りて脱出を図ろうとするさまが見て取れる。スティギーの存在に気がついたオーウェンが口笛を響かせて注意を引くと、スティギーは何度もレンガの壁に頭をぶつけ、ついには壁を粉々に吹き飛ばす。オーウェンは大きく手を叩き、「おい! 俺を見ろ! こっちへ来い」と飛び込んできたスティギーをさらに興奮させると、鉄製の扉にも突進して見事に破壊する。勢い余ったスティギーが鉄柱に頭をぶつけてふらつく様子は、笑いを誘うひとこまだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >