2018/07/26 17:00

職人?芸術家? 中国の複製油画村で10万点以上を描いた画家に密着「世界で一番ゴッホを描いた男」

「世界で一番ゴッホを描いた男」ビジュアル (C)Century Image Media (China)
「世界で一番ゴッホを描いた男」ビジュアル (C)Century Image Media (China)

 [映画.com ニュース] 有名画家のレプリカ製作を産業とし、世界市場の6割を生産しているといわれている中国・深セン市近郊の大芬(ダーフェン)油画村。そんな大芬で働くひとりの画家に密着したドキュメンタリー「世界で一番ゴッホを描いた男」が、10月20日公開される。このほど「職人か芸術家か」とのコピーが添えられた本ビジュアルがお披露目された。

 大芬(ダーフェン)油画村は、1989年香港の画商が20人の画工を連れてきたのが始まりで、現在、画工の数は1万を超える。毎年、この街で制作される数百万点の油絵が世界中で販売され、その総額は2015年で6500万ドルを超える。出演する湖南省出身の画家の趙小勇(チャオ・シャオヨン)は、1996年に出稼ぎで初めてこの地を訪れ、ゴッホの絵画と出会い、これまで独学でゴッホの複製画10万点以上を家族と共に描いてきた。多い時には毎月600~700枚のゴッホの複製画を全世界へ輸出している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >