2018/07/26 19:00

キューブリック監督の失われた脚本が発見される

巨匠の幻の映画脚本が発見される Photo by Evening Standard/Getty Images
巨匠の幻の映画脚本が発見される Photo by Evening Standard/Getty Images

 [映画.com ニュース] 巨匠スタンリー・キューブリック監督の幻の映画脚本「Burning Secret(原題)」が発見されたと、英ガーディアン紙が報じた。

 「Burning Secret(原題)」は、1913年のシュテファン・ツバイクシュの中編小説「燃える秘密」を映画化したもので、キューブリック監督は「現金に体を張れ」(56)の次作として準備。小説家のカルダー・ウィリンガムと共同で脚本を執筆したものの、契約を結んでいたMGMによってボツにされていた。その後、キューブリック監督はウィリンガムと共同で「突撃」(57)を手がけている。

 キューブリック研究の第一人者として知られる英バンガー大学のネイサン・エイブラムス教授はこのほど、「Burning Secret(原題)」の脚本を発見。キューブリック監督の最後の作品「アイズ・ワイド・シャット」(99)のリサーチを行っている際、関係者の息子から完成脚本を受け取ったという。「キューブリック監督の熱烈なファンであれば、監督がこの作品に熱意を燃やしていたことは知っていますが、まさか脚本が完成していることは誰も知りませんでした」と、エイブラムス教授は語る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >