2018/07/27 09:00

「ウエストワールド」で菊地凜子が体験した特別なシンクロと規格外のスケール

 [映画.com ニュース] 良質なドラマシリーズに定評のある米HBOが放つSF大作「ウエストワールド」。「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス、「ダークナイト」の脚本を手がけたジョナサン・ノーランが制作総指揮に名を連ね、ハリウッド映画並みの巨額の制作費を投じた話題作だ。今年放送が始まったシーズン2には日本人キャストが参戦。その1人、アカネ役を演じた菊地凛子に話を聞いた。

 物語の舞台は、アメリカの西部開拓時代を模したテーマパーク“ウエストワールド”。非道徳的な行為が許されるパーク内で、人間たちは“ホスト”と呼ばれるアンドロイドたちを相手に欲望を満たし、本性をむき出しにする。シーズン2では、自我に目覚めたアンドロイドたちの反乱が始まり、その波は、日本の江戸時代を再現した「ショーグン・ワールド」にも到達する。

 本作のシーズン1が好きだったという菊地は、「オーディションの話が来たときから、『ウエストワールド』の世界に入っていけるのであれば、どんな役でもやりたい」と出演を熱望。「J・Jやノーランの作品は、エンタテイメントビジネスをやっている限り誰もが携わりたいと思うので、チャンスがあったのは非常に幸せでした」と語る。ところが、アカネという役名と、あるホストの“分身”という設定しか知らされずに米国へ渡航。「何をするのかっていうのもわからずに入国しているんで、ビックリしたことのほうが多かったです」と明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >