2018/07/28 10:00

日本の傑作SF漫画をJ・キャメロンが映画化!「アリータ バトル・エンジェル」新予告公開

映画化権取得から15年強──キャメロンが ロバート・ロドリゲス監督とついに実現! (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation
映画化権取得から15年強──キャメロンが ロバート・ロドリゲス監督とついに実現! (C)2018 Twentieth Century Fox Film Corporation

 [映画.com ニュース] 日本のSFアクション漫画「銃夢(ガンム)」をジェームズ・キャメロンの製作&脚本、ロバート・ロドリゲスのメガホンで実写映画化する「アリータ バトル・エンジェル」の公開日が12月21日に決定し、あわせて新予告編が公開された。

 スクラップが堆積したクズ鉄町を舞台に、医師イド・ダイスケによってがれきの中から助け出されたサイボーグ少女ガリィが、賞金稼ぎとして戦うなかで生きる意味を見出す姿を描いた木城ゆきと氏の原作に、「アバター」のキャメロンがほれ込み、15年以上前から映画化を切望してきたSFアクション。映画版では、記憶をなくした少女アリータが自らの戦闘能力に気づき、出生の秘密を探るとともに、腐敗した未来世界を変えようと戦う姿を描く。

 公開された予告編では、数百年後の未来、がれきに包まれた「アイアン・シティ」でサイバー医師のイド博士(クリストフ・ワルツ)に発見されたサイボーグのアリータ(ローサ・サラザール)が、密林の奥で朽ちた飛行物体の内部で「特別なつながりを感じる」というサイボーグのボディを見つけるさまが映し出される。真相を隠そうとするイド博士に反発し、自ら秘密を明かそうとするアリータを殺人サイボーグが襲い、謎の男ベクター(マハーシャラ・アリ)によって、「彼女は唯一の生き残りだ。300年前に失われたはずの“最終兵器”。彼女は世界の秩序を脅かす」とその脅威が明かされる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >