2018/07/28 11:00

パリに突然現れたバンクシー作品 覆面アーティストの狙いは?

 [映画.com ニュース] 6月末に、突然パリの街の10カ所に現れたバンクシーのグラフィティアートが話題に上っている。例によって神出鬼没なアーティストゆえ、気づけばいつの間にか壁画が描かれていたという状況だ。とくに目立つところではなく、カルティエ・ラタンの路地、橋の脇、庶民的なエリアの低所得者用住宅(HLM)の壁など、場所はさまざま。そのなかでもっとも耳目を集めたのは、2015年の11月13日のテロで130名の死者を出したコンサート会場、バタクランである。裏の通用口にひっそりと描かれているのは、頭巾を被った少女のような立像。そのまだらな顔は彼女自身が負傷しているようでもあり、涙を流し喪に服しているようでもあり、あるいはファントムのようにも見える。知らずに前を通って遭遇すると、ぎょっとさせられるような様相だ。事件から3年目を迎え、人々の記憶が薄れ始めているタイミングは、再び我々の注意を喚起して、いかにもポリティカルな矜持を貫くバンクシーらしい。他にも移民問題を示唆する作品などがある。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >