2018/07/31 05:00

藤原竜也&羽住英一郎監督が“映像化不可能”に挑む!「太陽は動かない」映画&ドラマ化

吉田修一氏の人気小説を映像化
吉田修一氏の人気小説を映像化

 [映画.com ニュース] 「怒り」「悪人」などで知られる吉田修一氏のスパイアクション小説「太陽は動かない」が、藤原竜也主演、羽住英一郎監督のメガホンで映画&連続ドラマ化されることがわかった。日本映画界の総力を結集するほか、海外での大規模ロケを敢行し、“映像化不可能”と謳われた同作に挑む。

 世界を股にかけながら国政や企業の裏で暗躍する、産業スパイ組織「AN通信」の諜報員・鷹野一彦(藤原)と相棒・田岡亮一は、太陽光エネルギー開発に関する情報争奪戦の中にいた。世界各国が奪い合うその革新的技術には、日本政財界を揺るがす巨大な陰謀が隠されており、鷹野は商売敵の韓国人スパイ、デビッド・キムや謎の女AYAKO、そして各国の権力者らと対峙していく。

 原作は、吉田氏による通称“鷹野一彦シリーズ”3部作「太陽は動かない」「森は知っている」「ウォーターゲーム」。映画では「太陽は動かない」「森は知っている」の2編、ドラマでは吉田氏が監修したオリジナルストーリーを描き出す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >