2018/07/31 11:00

新「チャーリーズ・エンジェル」、クリステン・スチュワートほか注目女優2人抜てき

左からナオミ・スコット、クリステン・ スチュワート、エラ・バリンズカ Photo by Tony Barson/FilmMagic/Getty Images、 Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic/Getty Images、 Photo by Ricky Vigil M/GC Images/Getty Images
左からナオミ・スコット、クリステン・ スチュワート、エラ・バリンズカ Photo by Tony Barson/FilmMagic/Getty Images、 Photo by Jon Kopaloff/FilmMagic/Getty Images、 Photo by Ricky Vigil M/GC Images/Getty Images

 [映画.com ニュース] 米ソニー・ピクチャーズ製作によるリブート版「チャーリーズ・エンジェル」に、クリステン・スチュワートのほか、ナオミ・スコット、エラ・バリンスカが起用された。リブート版は、全米大ヒット作「ピッチ・パーフェクト2」で長編監督デビューを飾った女優エリザベス・バンクスがメガホンをとる。

 出演が決まったスコットは、英ロンドン出身。「パワーレンジャー」でバンクスと共演しており、米ウォルト・ディズニーが準備中の実写版「アラジン(原題)」では王女ジャスミン役に抜てきされている注目歌手で女優だ。同じ英女優バリンスカは、刑事ドラマ「バーナビー警部」に出演しているが、ほぼ無名の新人といえる。

 米Deadlineによれば、監督のバンクスは、出演も兼ねるとのこと。姿を見せないチャーリー・タウンゼント探偵社のオーナーとエンジェルたちを仲介するボスレー役を演じるという。

 脚本はバンクスと、「ドラゴン・タトゥーの女」の続編「蜘蛛の巣を払う女」(クレア・フォイ主演)を手がけているジェイ・バスが共同執筆。バンクスと夫マックス・ハンデルマン(「ピッチ・パーフェクト」シリーズ)、エリザベス・カンティロン(「コンカッション」)が製作を務める。リブート版「チャーリーズ・エンジェル」は、2019年9月27日に全米公開が予定されている。

 1976年から81年にかけて米ABCで放送された、美人探偵トリオの活躍を描く人気テレビシリーズの映画版「チャーリーズ・エンジェル」は、キャメロン・ディアス、ドリュー・バリモア、ルーシー・リュー主演で2000年に公開され大ヒットを記録。03年には同じキャストで続編「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」も製作された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >