2018/08/03 15:00

【佐々木俊尚コラム:ドキュメンタリーの時代】「バンクシーを盗んだ男」

ベツレヘムの壁に描かれた「ロバと兵士」 (C)MARCO PROSERPIO 2017
ベツレヘムの壁に描かれた「ロバと兵士」 (C)MARCO PROSERPIO 2017

 「芸術の価値とは何か?」というとてもホットな論争の映画。見始めると、最初は「バンクシー、すげー!」と単純に熱狂しているだけなんだけど、だんだんと時間を追うごとに、深く難しいことを考えさせられるようになる。最後までくっきりした正解はないんだけど、どこまでももやもやとさせられて、見終わった時には芸術に対する考え方が一新させられたような気分になる。

 バンクシーはご存知のように、世界的に有名な覆面アーティスト。本名も顔写真も公開されておらず、プロフィールは謎に包まれている。さまざまな都市に神出鬼没で現れ、壁面に無断で絵を描いてさっていく。彼の作品は過去にサザビーズで2億円近くで競り落とされたこともあり、非常に価値が高いとされているが、いっぽうで壁のグラフィティ(落書き)でもあるので、行政や所有者によって消されてしまったりすることも少なくない。

 本作の中心になるのは、パレスチナのヨルダン川西岸地区・ベツレヘムの壁に描かれた「ロバと兵士」という作品だ。イスラエルの兵士が、ロバの身分証をチェックしているという風刺的なグラフィティアート。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >