2018/08/06 05:00

三谷幸喜監督最新作は構想40年!?の政界コメディ「記憶にございません!」

ガッツポーズの三谷幸喜監督
ガッツポーズの三谷幸喜監督

 [映画.com ニュース] 日本を代表する脚本家、演出家として知られる三谷幸喜の映画監督作品8本目となる「記憶にございません!」が製作されることが発表された。中井貴一が主演を務める今作は、政治コメディ。いつから構想を温めてきたのか、製作意図などを含めて撮影中の三谷監督に話を聞いた。

 日焼けして精悍な表情で報道陣の前に姿を現した三谷監督。「なぜ、この暑い夏に映画を作ろうと思ったのだろう」とつぶやき、前日に行ったゴルフ場での撮影については「大自然のなかで大勢の人と撮影をするのはほぼ初めての経験。もう二度とすまいという気持ちになった」とぼやきっぱなしだったが、順調に推移しているようで充実の面持ちを浮かべる。

 映画は、国民から史上最悪のダメ総理と呼ばれ嫌われている総理大臣・黒田啓介(中井)の頭に市民の投げた石が当たり、記憶喪失になってしまうという設定。金と権力に目がない悪徳政治家から、善良で純朴な普通の「おじさん」になってしまう。国政の混乱を避けるため、この真実を知るのは秘書官3人のみ。なんとか日々の公務をこなしていくなかで、啓介は本気でこの国を変えたいと思い始めるようになる。そんなタイミングで、米大統領が来日する……というストーリーだ。怪しい首相秘書官をディーン・フジオカ、訳ありの総理夫人を石田ゆり子、邪悪な官房長官を草刈正雄、裏社会に通じるフリーライターを佐藤浩市が演じる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >