2018/08/06 09:00

アンディ・サーキス&マット・リーブス、ジョージ・ウォーウェル「動物農場」を映画化

アンディ・サーキス&マット・リーブス Photo by Michael Tran/FilmMagic/Getty Images、Photo by Rich Fury/Getty Images
アンディ・サーキス&マット・リーブス Photo by Michael Tran/FilmMagic/Getty Images、Photo by Rich Fury/Getty Images

 [映画.com ニュース] 「猿の惑星」シリーズで主人公シーザーを演じたアンディ・サーキスと、メガホンをとったマット・リーブス監督が、Netflixのオリジナル映画「アニマル・ファーム(原題)」で再びタッグを組むことが明らかになった。

 本作は、1945年に出版されたジョージ・ウォーウェルの古典小説「動物農場」の映画化で、動物たちが農場主を追い出して独立を勝ち取るものの、1匹のブタが独裁者と化すという風刺に満ちた物語。イギリスにモーションキャプチャーの制作スタジオ「イマジナリウム」を持つサーキスは、2012年に同作の映像化権を獲得。以来、モーションキャプチャー映画としての実現を目指してきた。

 イマジナリウムはこのほど、リーブス監督の6th & Idahoと共同で制作を行うと発表。サーキスが監督としてメガホンをとり、リーブス監督がプロデューサーとしてサポートを行う。なお今作は、6th & Idahoがファーストルック契約を結ぶNetflixのオリジナル映画として制作されることになる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >