2018/08/06 19:10

【国内映画ランキング】「コード・ブルー」V2、「カメラを止めるな!」大躍進の10位

首位は「劇場版コード・ブルー」 (C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会
首位は「劇場版コード・ブルー」 (C)2018「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」製作委員会

 [映画.com ニュース] 8月4日~5日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。8月に入り新作が続々と公開され、5本が初登場。さらに社会現象を巻き起こしている話題作も圏外から遂にランクインした。首位は「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」がキープ。週末2日間で動員51万6700人、興収6億9900万円を稼ぎ、公開10日間で累計動員は283万人、興収は36億円を突破した。

 2位は「ミッション:インポッシブル フォールアウト」が獲得。トム・クルーズ主演の人気スパイアクションシリーズの第6作だ。8月3日から全国638スクリーンで公開され、土日2日間で動員45万人、興収6億3900万円を稼いだ。これは2015年8月に公開され、最終興収51.4億円を記録した第5作「ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション」の興収比111.4%の成績。公開3日間では動員61万9507人、興収8億6814万8300円をあげている。学生グループや男女カップルなど幅広い層が詰めかけ、60億円突破が見込めるヒットスタートを切った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >