2018/08/07 18:00

「春待つ僕ら」の特徴は「バスケを通して描かれる“仲間”の青春物語」

撮影中の1コマ
撮影中の1コマ

 [映画.com ニュース] 土屋太鳳、北村匠海ら旬の若手俳優が共演する映画「春待つ僕ら」。土屋演じるヒロインがバスケットボール部に所属する4人の男子高校生と出会うことで、自分にとって大切なものを見つけ、成長する姿を描いていく青春ラブストーリーだ。

 映画.comは今春、撮影現場のひとつである横浜を訪問。この日は、土屋扮する美月のアルバイト先words cafeの前にあるバスケットコートのシーンを撮影。美月は自らが一人ぼっちを経験していることから、子どもたちがバスケをするのを眺めているだけの少女のことが気になっていた。そして、永久(北村)をはじめとするバスケ部の四天王が、その少女を含む子どもたちと一緒にバスケをするという、ほほ笑ましいシーンだ。

 四天王役の北村匠海、磯村勇斗、杉野遥亮、稲葉友は、それぞれバスケの経験者。土屋は、「想像以上にバスケのシーンがリアルで、みんなの真剣な表情に助けられ、美月として生きられたと思っています」と語る。この日は子供たち相手の和気あいあいとしたバスケだったが、本編で描かれる大会で4人がどのようなプレーとドラマを見せてくれるのかに期待は高まるばかりだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >