2018/08/08 12:00

失われた傑作「恐怖の報酬」がオリジナル完全版で復活

失われた傑作が約40年ぶりに“完全版”で復活
失われた傑作が約40年ぶりに“完全版”で復活

 [映画.com ニュース] アカデミー賞5部門に輝いた「フレンチ・コネクション」(1971)、世界中でオカルトブームを巻き起こした「エクソシスト」(1973)で知られる巨匠ウィリアム・フリードキンが手がけた「恐怖の報酬」がオリジナル完全版として、スクリーンに復活することになった。

 南米のジャングルを舞台に、反政府ゲリラによって爆破された油田の火災を鎮火させるため、4人の犯罪者が1万ドルの“報酬”と引き換えに、危険なニトログリセリン運搬を引き受けるサスペンス大作。2台のトラックに分乗し、道なき道300キロを突き進む男たちの運命は? アンリ・ジョルジュ・クルーゾー監督の同名作をリメイクし、1977年6月に全米公開された。

 ユニバーサルとパラマウントの2大メジャースタジオが破格の製作費2000万ドル(現在の100億円相当)を共同出資し、3大陸5か国に及ぶ大規模なロケを敢行。完成までに、2年を超える製作期間を費やした。人生のどん底からはい上がろうと、命をかける男たちの運命を冷酷非情なリアリズムで描ききり、ホラー作家のスティーブン・キングが「人生で最も好きな映画」と公言。クエンティン・タランティーノ監督は、自身のオールタイム・フェイバリット12本の 1 本に選出するなど、熱狂的なファンが多い作品だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >