2018/08/09 07:00

ジアド・ドゥエイリ監督「判決、ふたつの希望」は「普遍的なテーマを扱った心に響く作品」

ジアド・ドゥエイリ監督と憲法学者の木村草太氏
ジアド・ドゥエイリ監督と憲法学者の木村草太氏

 [映画.com ニュース] レバノン史上初となる第90回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた映画「判決、ふたつの希望」のジアド・ドゥエイリ監督と首都大学東京大学院教授で憲法学者の木村草太氏が8月8日、東京・渋谷のユーロライブでトークイベントを開催した。

 同作は、クエンティン・タランティーノ監督のアシスタントカメラマンという経歴を持つドゥエイリ監督作。レバノンの首都ベイルートを舞台に、パレスチナ人男性とキリスト教徒のレバノン人男性の間に起きた些細な口論が、ある侮辱的な言動をきっかけに裁判沙汰となり、やがて国家を揺るがす騒乱にまで発展するというストーリー。監督自身の体験が着想のきっかけになっている。

 ドゥエイリ監督の来日は、カンヌ国際映画祭監督週間に出品された監督デビュー作「西ベイルート」以来2度目で、「新作の脚本を執筆していたので、来日を躊躇していましたが、来てよかった。素晴らしい時間を過ごしております」と笑顔。木村氏は「素晴らしい映画でした。最初はなぜこんなことになってしまうのかと思いますが、次第に背景が浮き彫りになって、最後には希望が満ちている。レバノンは日本からは遠い国ですが、扱っているテーマは普遍的。心に響くものがあると思います」と絶賛していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >