2018/08/09 17:00

佐藤玲、予告編大賞からの長編映画完成に感無量「ここまでこぎつけることができた」

舞台挨拶に立った佐藤玲
舞台挨拶に立った佐藤玲

 [映画.com ニュース] 「未完成映画予告編大賞」の第1回グランプリから生まれた映画「高崎グラフィティ。」の完成披露試写会が8月9日、都内で行われ、佐藤玲、萩原利久、岡野真也、中島広稀、三河悠冴、川島直人監督が舞台挨拶に登壇した。

同賞は、堤幸彦、大根仁両監督らが所属するオフィスクレッシェンドが、次代の映像作家・クリエイターの発掘・育成を目指し創設。3分以内の予告編が対象で、グランプリ作品には3000万円程度の予算で長編映画を制作する権利が与えられる。

 「高崎グラフィティ。」は、佐藤が日大芸術学部の同窓生だった川島監督にツイッターのダイレクトメールを送ったことがきっかけで企画がスタート。「卒業式を間近に控え何かをやらなければいけないと思った。1年半かけて企画を進め、皆で作りここまでこぎつけることができたのがうれしい」と感慨深げに話した。

 高校の卒業式を終えた男女が、それぞれの生き方を模索する青春群像劇。萩原は、オーディションを受けた役とは別の役で採用されたが、「監督と話し合い、自分の高校時代を考えたら(変わった役と)同じ気持ちを持っている部分もあった。そこを掘っていこうと思ってやりました」と振り返った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >