2018/08/10 07:00

成田凌「ビブリア古書堂の事件手帖」に出演!黒木華&野村周平と三角関係へ

役のイメージは中原中也とジェイ・ケイ (C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会
役のイメージは中原中也とジェイ・ケイ (C)2018「ビブリア古書堂の事件手帖」製作委員会

 [映画.com ニュース] 若手注目俳優の成田凌が、黒木華と野村周平が主演する映画「ビブリア古書堂の事件手帖」に出演していることがわかった。漫画専門のネット販売を行う青年・稲垣に扮し、主役の栞子(黒木)&大輔(野村)と恋の三角関係を繰り広げる。

 三上延氏による、累計発行部数640万部超の人気小説シリーズが原作。鎌倉の古書店「ビブリア古書堂」の女店主・栞子と、店を手伝う大輔が、古書をめぐる謎や秘密を解き明かしていく姿を描いた。「幼な子われらに生まれ」などの三島有紀子監督がメガホンをとった映画では、夏目漱石著「それから」のサイン本と、太宰治著「晩年」の希少本を軸に、栞子(黒木)と大輔(野村)が謎を解く“現代パート”、そして大輔の祖母・絹子(夏帆)と小説家志望の青年・嘉雄(東出昌大)による禁断の恋を紡ぐ“過去パート”が交錯し、ある真実が明らかになっていく。

 そのなかで「劇場版コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」をはじめ、「ここは退屈迎えに来て」などに次々と出演する成田が稲垣に扮した。古書の交換会で栞子と出会い、次第に本好き同士の心を通わせていく役どころ。一方で、2人の関係を嫉妬交じりに見守る大輔は、自分が栞子に思いを寄せていることに気がつく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >