2018/08/13 11:00

ディズニー解雇のジェームズ・ガン監督に複数のライバルスタジオがラブコール

ジェームズ・ガン監督 Photo by Christopher Polk/Getty Images
ジェームズ・ガン監督 Photo by Christopher Polk/Getty Images

 [映画.com ニュース] 過去の不適切なツイートを理由に「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3(仮題)」から解雇されたジェームズ・ガン監督が、複数のライバルスタジオからラブコールを送られていると、米ハリウッド・レポーターが報じた。

ガン監督はマーベル・スタジオの親会社である米ウォルト・ディズニー社によって解雇を通告された7月20日以来、大物プロデューサーやメジャースタジオの重役ほか10人以上からアプローチを受けているという。「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」は世界累計興行収入7億7300万ドル、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス」は世界興収8億6300万ドルという大ヒットを記録しており、これらの脚本を自ら執筆したガン監督は、ライバルスタジオにとっては喉から手が出るほど欲しいヒットメーカーだ。

問題は、小児性愛やレイプなどをジョークにした過去のツイートを掘り起こし、ディズニーにガン監督の解雇を迫った米保守系ブロガーの存在だ。しかし、ワーナーやライオンズゲートといったライバルスタジオは、ディズニーほどはファミリー向けをアピールしていないため、クリエイターに高いモラルは求めていない。実際、あるライバルスタジオの重役はガン監督の問題ツイートに関して、「我々の大半は、彼のツイートは(執筆した当時の)彼独自のコメディスタイルを反映しただけのものだと感じている」と擁護。さらに、「不適切なユーモアセンスを持つことは、犯罪とされるべきではない」と言っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >