2018/08/14 12:00

監督としてのアンディ・サーキスに迫る 「ブレス しあわせの呼吸」特別映像公開

監督としてのアンディ・サーキスにフォーカス (C)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
監督としてのアンディ・サーキスにフォーカス (C)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved

 [映画.com ニュース] イギリスの名優アンディ・サーキスが長編初監督を務めた「ブレス しあわせの呼吸」の特別映像が公開された。本人やキャストのインタビューを交えながら、監督としてのサーキスにフォーカスした。

 同作は、「ブリジット・ジョーンズの日記」などを手がけた映画プロデューサーのジョナサン・カベンデュッシュが、自身の両親の実話を自らの製作の下で映画化したヒューマンドラマ。全身マヒという重篤な状態で余命宣告を受けた主人公の男性ロビンが、一度は絶望のどん底に突き落とされるも、妻のダイアナら家族に支えながら、型破りな発想と持ち前のユーモアで人生を前向きに生きていく姿を描いた。

 「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのゴラムや「猿の惑星」シリーズのシーザーなど、VFXがふんだんに用いられた超大作でモーションキャプチャー俳優として活躍することの多いサーキスが、長編監督デビュー作に選んだのは、それらとは異なる題材の人間ドラマだった。サーキスは映像の中で、今作の脚本を読んで泣いたと告白し、「激しく心を揺さぶられたよ。“切り開く”ことの意義も描いていると思う。誰も実現させていないことに挑んだんだ。ロビンが自分で人生を選んでいく。“人生に飛び込んでいく”物語にね」と熱く語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >