2018/08/14 17:00

ノーラン監修「2001年宇宙の旅」70ミリ版が特別上映!国立映画アーカイブで6日間限定

10月6~7日、同11~14日に上映!
10月6~7日、同11~14日に上映!

 [映画.com ニュース] 今年で製作50周年を迎えるスタンリー・キューブリック監督作「2001年宇宙の旅」(1968)が、10月6日から東京・京橋の国立映画アーカイブで特別上映されることがわかった。「インターステラー」「ダンケルク」などのクリストファー・ノーラン監督が監修し、公開当時の映像と音の再現を追求した70ミリ・ニュープリント版で、6日間限定上映される。

 スティーブン・スピルバーグ、リドリー・スコットをはじめ、後世の映画人や文化に絶大な影響を与えてきたSF映画の金字塔。人類が宇宙までを生活圏とするようになった“2001年”を舞台に、人工知能HAL9000型コンピュータを搭載した宇宙船「ディスカバリー号」に乗ったボウマン船長らが、月で発掘されたモノリスの調査へと旅立つ姿を描いた。

 今回上映される70ミリ・ニュープリントは、オリジナル・カメラネガからデジタル処理を施さず、フォトケミカル工程だけで作成した特別版。音声は68年公開時と同様の6チャンネルで、上映前の前奏曲や、休憩時・終映時の音楽まで再現されている。5月に開催された第71回仏カンヌ国際映画祭で初お披露目された後、欧米各地を巡回し、ついに日本上陸となっただけに、ファン垂涎のメモリアルなイベントになりそうだ。

 「2001年宇宙の旅」70ミリ・ニュープリント版は、10月6~7日、同11~14日に国立映画アーカイブの長瀬記念ホールOZUで上映。チケットなどの詳細は、公式サイト(http://www.nfaj.go.jp/exhibition/unesco2018/#section1-1)に掲載されいてる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >