2018/08/15 12:00

是枝裕和総合監修「十年」公開は11月3日に決定 石川慶監督が“徴兵制施行後の日本”描く

石川慶監督作「美しい国」に主演した太賀 (C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
石川慶監督作「美しい国」に主演した太賀 (C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners

 [映画.com ニュース] 「万引き家族」がカンヌ国際映画祭でパルムドールを獲得した映画監督・是枝裕和が総合監修を務めるオムニバス映画「十年 Ten Years Japan」が、11月3日に公開されることが決定した。終戦記念日である8月15日に寄せ、本作の一編「美しい国」で“徴兵制が施行された日本”を描いた石川慶監督が、同作に込めた思いを明かした。

 香港で社会現象となったオムニバス「十年」の日本版。自国の現在・未来への多様な問題意識を出発点に、新鋭映像作家が10年後の社会や人間を描き出す。「愚行録」の石川監督をはじめ木下雄介監督、津野愛監督、早川千絵監督、藤村明世監督がメガホンをとり、杉咲花、太賀、川口覚、池脇千鶴、國村隼といった実力派キャストが各作品の主演を担っている。

 “平和を達成する”という意味を持つ平成が、終わりを告げようとしている。今作で映し出されるのは、新元号となり10年が経過した、未来の日本の姿だ。20~40代の新鋭監督が高齢化、AI教育、デジタル社会、原発、徴兵制をテーマに据え、それぞれが独自の視点で日本を見つめていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >