2018/08/16 11:00

マリリン・モンロー幻のヌードシーン、半世紀以上の時を経て発見

幻のヌードシーンが…! Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images
幻のヌードシーンが…! Photo by Michael Ochs Archives/Getty Images

 [映画.com ニュース] マリリン・モンローの幻のヌードシーンが半世紀以上の時を経て発見されたと、英デイリー・メール紙が報じている。

 モンローの遺作となった「荒馬と女」(1961)の製作中、クラーク・ゲーブルとのラブシーンの撮影で、モンローは自分の体を隠していたシーツを落としてヌードになった。しかし、脚本にはそのような指示はなく、メガホンをとった巨匠ジョン・ヒューストン監督もそのテイクを気に入らなかったため、ヌードシーンはお蔵入りになり、そのまま処分されたものと思われていた。

 しかし現在、モンローの新たな評伝を執筆しているチャールズ・カジーロ氏が、同作のプロデューサー、フランク・テイラーの息子であるカーティス・テイラー氏に取材した際、その映像が保存されていたことが明らかになった。「大抵、映画に使われなかったテイクは処分されます」とテイラー氏は説明。「しかしフランク・テイラーは、この映像があまりにも重要で、あまりにも画期的であると信じていたため、保存することにしたのです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >