2018/08/16 15:00

象と中年男性のロードムービー「ポップ・アイ」 シンガポールの監督、タイを舞台にした理由は?

(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.
(C)2017 Giraffe Pictures Pte Ltd, E&W Films, and A Girl And A Gun. All rights reserved.

 [映画.com ニュース] ひょんなことから象と共にタイ国内を巡る旅に出た中年男性の珍道中を描き、サンダンス映画祭で話題を集めたロードムービー「ポップ・アイ」が、8月18日公開する。2017年・第30回東京国際映画祭「CROSSCUT ASIA #4 ネクスト!東南アジア」でも上映された今作で長編デビューを果たした、カーステン・タン監督が作品を語った。

 人生に幻滅した建築家のタナーは、ある日バンコクの街中で、幼い頃に飼っていた象のポパイと偶然の再会を果たす。タナーはポパイを故郷へ連れて帰るため、かつて一緒に育った農場を目指して旅に出る。

--奇想天外な物語です。タイを舞台にした理由を教えてください。

 「私はシンガポール出身ですが、20代前半の多感な時期に2年ほどタイに住んでいて、とても魅了されました。私が生まれ育ったシンガポールは、社会が高度にシステム化されていて、人々はそれに沿って生きています。でもタイはとても自由でやりたいことは何でもやっていい、ちょっとした無秩序状態です。最初は少し違和感を覚えましたが、次第にパラダイスのように思えてきました。しかも、風景はとても美しくて、人々はとても優しくて穏やかなんです。今回、映画をつくるにあたって、そのタイの思い出が蘇ってきたのです。その中でも一番印象に残っていたのが”野良ゾウ”でした。そこから物語の発想を得ました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >