2018/08/17 14:00

ブータン人監督によるドキュメンタリーが世界初公開 「移りゆく時代を撮りたかった」

(C)ECLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV
(C)ECLIPSEFILM / SOUND PICTURES / KRO-NCRV

 [映画.com ニュース] “世界一幸福な国”と称されるブータンに生きる親子2世代の価値観を映したドキュメンタリー「ゲンボとタシの夢見るブータン」が8月16日公開する。共同で監督を務めたブータン出身のアルム・パッタライと、ハンガリー出身のドロッチャ・ズルボーが来日し、作品を語った。

 16歳の兄ゲンボは、家族が代々受け継いできた寺院を継ぐために学校を辞め、戒律の厳しい僧院学校へ行くことについて思い悩む。15歳の妹タシは、自らを男の子だと考えサッカー代表チームに入ることを夢見る。一方、父は、ゲンボには出家して仏教の教えを守ることの大切さを説き、タシには女の子らしく生きる努力をするよう諭す。そして母親は、英語教育を受けさせ、海外の観光客に英語でお寺の説明をすることの方が大切だと主張する……。急速な近代化の波が押し寄せるブータンの寺院の一家を捉えた。

 若手ドキュメンタリー制作者育成プログラム(ドック・ノマッド)で出会ったふたり。、国をまたがる6つの財団から資金を獲得して完成させた。パッタライは、インドの大学院でメディア論を学んだ後テレビ局に就職し、本プログラムに参加した。「世界中からバックグラウンドの違う人たちが集まって作品をつくるためには、お互いに頼りあわないといけません。そこから相互理解というものが必然的に生まれていきました。もともと僕らは、少年少女をテーマにしたドキュメンタリーをずっと作っていて、この作品も同じテーマで進めました」とズルボーと共同監督をするに至った理由を説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >