2018/08/17 17:00

アヌシーW受賞「手をなくした少女」監督が美しい作画でグリム童話を語りなおした理由

セバスチャン・ローデンバック監督 (C)Les Films Sauvages - 2016
セバスチャン・ローデンバック監督 (C)Les Films Sauvages - 2016

 [映画.com ニュース] グリム童話の短編「手なしむすめ」を長編アニメーション映画化した「大人のためのグリム童話 手をなくした少女」が、8月18日から公開する。ひとりですべての作画を担い、「クリプトキノグラフィー」と呼ぶ独特の映像表現手法でアニメ化。2016年のアヌシー国際アニメ映画祭で審査員賞と最優秀フランス作品賞をダブル受賞したセバスチャン・ローデンバック監督が、作品を語った。

--なぜ数あるグリム童話の中からこの物語を選んだのですか。

 「この物語を元にしたオリヴィエ・ピィの演劇作品があり、それをアニメーションにしないかという提案がプロデューサーからありました。そこで初めて原作を読んだのですが、とても現代的で、自分自身に強いインスピレーションを与えてくれました。物語としても非常に普遍的だと感じました。人間個人が社会のなかでいかに存在しうるかということが描かれている。ヨーロッパでも決して有名な話ではないのですが、とにかく強い作品だと思いました」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >